白州蒸留所見学

公開日:

カテゴリー: イベント


10月第一週の土曜日は、豊島区法人会研修会でした。

行き先は山梨県小淵沢にある、サントリー白州蒸留所。

3連休の初日ということもあって、高速は大渋滞。

午前中に予定していた南アルプス天然水の工場見学は諦めざるを得ませんでしたが、

とてもとても楽しみにしていた蒸留所見学を堪能することが出来ました。

田舎道を抜けて白州の森に入るとまずサントリーウィスキーミュージアムへ。

 

ここでサントリーの歴史に触れ、少し前の朝ドラ「マッサン」の堤真一や

先日TVで見た「琥珀の夢」を思い出しました(笑)

 

セミナールームで軽く講義を受けた後は

仕込み、発酵、蒸留、熟成の各工程を実際に見て回ります。

 

どの段階もスケールが大きくて興奮しましたが、

最後の貯蔵庫にはびっくり!

ウィスキー樽が機械式駐車場のような所に整然と数えきれないほど

寝かされていて、天使の取り分と言われる蒸発したアルコール分が

貯蔵庫中に充満してるのです。

鼻から口から毛穴から全身でアルコールを吸収しているようでした。

なんて幸せ~(笑)

そして、最後にお待ちかねのテイスティング♡

バランタイン、カネマラ、ジムビーム、カナディアンクラブ、角瓶

以上の5種類をテイスティンググラスで飲み比べ♬

カネマラが一番好み💛

しかしまぁ。

サントリーと言えば安定の「角」なんでしょうが、

ここに来て一滴の「白州」も「山崎」も飲めないのはやっぱり寂しいなぁ。。。

もしかしたらお土産ショップに小瓶でも置いてるんじゃないかと

微かに期待したのですが、サントリーさんが輸入してる外国産ばかり。。。

仕方ないのでお土産はチョコww

 製造工程のイラスト入り

 

。。。私祈ってます。

一日も早く、日本の誇る国産ウィスキーが再び出回りますように!

それも普通の値段で買えるようになりますように、切に願ってます!!

 

文責  不破